オーストラリアから発信【世界旅行記】

シドニー在住の旅行好き。日々の生活や、オーストラリア旅行情報、写真付きの旅行記。

HOME > オーストラリア > シドニー > 一番シドニーの景色を楽しめるウォーキングコース

一番シドニーの景色を楽しめるウォーキングコース

投稿日: 2013年08月12日
カテゴリー:シドニー, シドニーでの生活

 日曜日にドブロイド・ヘッドに行ってきました。

 
 モスマン先のスピットブリッジからマンリーまで海沿いに景色が感動的なウォーキングコースがあり、その一部がドブロイド・ヘッド周辺なので歩いてみました。

 このウォーキングコース、全部歩くとかなり長いですが、シドニーの野花も景色も楽しめるので、大好きなコースです。

 
 コースはこんな感じ。

map

 
 時間があれば、一気に歩かずに、天気が良い日に少しずつ楽しむのがおすすめです。

 ドブロイド・ヘッド周囲だけでも、オーストラリアの野花、景色の両方とも楽しめます。

 

view

 あまりに天気が良かったので、写真4枚くっつけてみました。

 遮るものがない景色には元気がもらえます。

 
 周囲は国立公園になっているので基本的に民家もなく、気持よく手入れされています。

IMG_7567

 ジブリに出てきそうな、背の低い木に覆われた木漏れ日道もあります。

 岩を登るような場面はありませんが、泥濘んだ場所や滑りやすい岩の上もあるのでちゃんとした靴で歩くのが安全です。

 

IMG_7572

何かの巣!!

IMG_7575

 オーストラリアの国花、ゴールデン・ワトルも、暖かいので、もうあちこちに咲いてますねー!
 

 オーストラリアのナショナルカラーはこの花にちなんで金と緑なんだそうで、サッカー等のユニフォームも「金」と緑。

 日本語的には、これを金と呼ぶのはちょっと無理がありますが、これも言葉の違いなんでしょう。

 金=ゴールドではなく、金≒ゴールド。

 
 ドブロイド・ヘッドのすぐそばには、タニアパークという犬の飼い主が好んでいる巨大な公園があります。

 この近辺ではわりと高い場所にあるので年始の花火も数箇所の打ち上げ花火が一度に見渡せます。

 
 花火までかなり距離があり、小じんまりとしか見れないのと、メインのハーバーブリッジの花火は全く見えないですが、時間ギリギリに行っても余裕で場所が取れるのでここ2年くらいはここで花火を見ました。

 がっつり花火大会を楽しみたい人にはおすすめしませんが、人混みは面倒くさいけど、せっかくだし外で見たい、という近所に住んでる人には最適です。

ad