オーストラリアから発信【世界旅行記】

シドニー在住の旅行好き。日々の生活や、オーストラリア旅行情報、写真付きの旅行記。

HOME > シドニーでの生活 > イギリスのお母さんに習ったマッシュポテト

イギリスのお母さんに習ったマッシュポテト

投稿日: 2015年06月19日
カテゴリー:シドニーでの生活

 本日の夕食は白身の魚のニンニク焼き、スモークパルリカ風味のケールチップスとジャガイモとサツマイモのマッシュポテトでした。

 こうやって書いてみるとレストランのメニューのように見えなくもないですが、何を隠そう冷蔵庫掃除メニューです。

 
 我が家の主食は、イモ類、パスタ、パン、米を均等くらい食べるので、普通の日本の家庭に比べると圧倒的に米の消費量が少ないです。

 もっと米を食べたい気もしますが、日本食のレパートリーが偏ってるのでなかなか実現しません。

わたしのGuilty Pleasureマッシュポテト

 主食の中でも、マッシュポテトは特に好きなものに入ります。

 イギリスに留学、ホームステイしていた先のお母さんに習って、たっぷりのバター、チーズ(お母さんはCheshire Cheeseを使うのが好きでした)、牛乳と塩コショウで作るのが好きで、今日もその通り(チーズはNimbin Cheese)に作りました。

 夫に潰してもらったら、スムーズにならずツブツブしたジャガイモの姿が見えましたが、美味しかったです。

 
 毎日でも食べたいくらい好きなマッシュポテト、しかしそれが実現しないのはカロリーが高いからです。

 最低でも週に2食バターとチーズたっぷりのマッシュポテトを食べていたイギリス留学1年後、わたしの体重が増加したのは言うまでもなく、とくに顔がパンパンになりました。

 まさにGuilty Pleasureに相応しい食べ物です。でもバターとチーズなし、もしくは控えめで作ると残念な味になるんだよなー。

ad