オーストラリアから発信【世界旅行記】

シドニー在住の旅行好き。日々の生活や、オーストラリア旅行情報、写真付きの旅行記。

HOME > 日本 > 沖縄 > 定期船のない離島、新城島に上陸した思い出

定期船のない離島、新城島に上陸した思い出

投稿日: 2015年03月24日
カテゴリー:沖縄

 2008年に宮古島でリゾートバイト後、9泊10日で八重山諸島を旅行したときに、運良く定期船のない新城島(あらぐすくじま、と読む)に立ち寄ることが出来ました。

 西表島で泊まった民宿のおじいがシュノーケルツアーと称して船を出してくれ、その途中に1時間未満の短い訪問だったんですが、全く観光化されていない沖縄の田舎として、物凄く印象に残っています。

 小型の船に、おじいも合わせてたったの3人。非常に贅沢な時間でした。

新城島上陸の思い出

 わたしが行ったのは船着場のある上地島で、滞在時間が短かったことと、立入禁止区が多いのであまりウロウロしないように言われていたので、集落と港の間のみの観光でした。

 
 おじいの知り合いの家も覗かせていただきましたが、その風景にもびっくり!

 少ない民家には戸締まりという概念はないらしく開けっ放し、木造+畳のお家で懐かしさを感じる反面、地面は白い砂、一面に敷き詰められた貝殻、濃い緑と青い空、ビビットに塗られた柱は、同じ日本とは信じられない空間でした。

IMG_7711

IMG_7703

IMG_7704

 観光客がほぼいない証拠に、港もこんな状態。珍しい形の貝殻がゴロゴロしてます。

IMG_7708

 テレビの影響で、新城島は神秘的で宗教的で排他的な印象を持っている人も多いみたいですが、わたしが見た新城島は、のどかな田舎そのものでした。

新城島周辺の海

 個人的には、宮古島や石垣島から船で行ったダイビングの海に比べて、格段に優秀だとは思いませんでした。(離島の海はどこも綺麗!)

 まわりに別の船がいないので、特別感はあります。

IMG_7694

IMG_7696

 
 石垣島発の新城島行きツアーもあるそうです。また新城島まで行く機会があったら、わたしの人生そうとうラッキーだな~(*´∀`*)

ad