オーストラリアから発信【世界旅行記】

シドニー在住の旅行好き。日々の生活や、オーストラリア旅行情報、写真付きの旅行記。

HOME > 日本 > 沖縄 > 宮古島リゾートバイトの思い出

宮古島リゾートバイトの思い出

投稿日: 2015年03月20日
カテゴリー:沖縄

 高校の修学旅行で始めて沖縄に旅行に行って一目惚れし、いつか住んでみたいなー、と思っていました。

 がっつり「住む」のは意外に難しく、現実にはなりませんでしたが、宮古島でリゾートバイトを2ヶ月経験し、住むように観光する贅沢を味わったことがあります。

 
 たった2ヶ月のバイト期間でしたが、わたしの人生の中で非常に濃い期間だったこともあり、今年8年ぶりに沖縄に旅行に行くことになり、リゾバ時代の写真を見返したり、当時の生活を思い出したりして、しみじみしている今日このごろです。

IMG_7596

リゾートバイトが決まるまで

 リゾートバイトに興味を持ってから、リゾバ専門の求人サイト、アルファリゾートで求人を見て比較したり妄想したりしてました。

 マリンスポーツのスタッフや観光案内系の仕事も少数ありますが、多いのはホテルでの仕事。

 これは個人的に都合がよく、地元でもホテルで働いていた経験もあったからか、最初に応募したホテルで希望の職種(ベル)に就くことが出来ました。

 ちなみに、沖縄だから仕方ないんですが、時給はかなり低めでした。(720円とかだったと思う)

仕事選びのアドバイス

 給料、場所、労働期間に注目しがちですが、その他に、職場の周辺の情報もネットで調べてみましょう。

 宮古島に到着して寮に入った初日、ホテルの周りに想像以上に何にもなく、その日の夕飯をどこで買えばいいのか凄く困った記憶があります。
 初日以外にも、一番近くのスーパーにも歩いて片道1時間強掛かる状況で、買い物には常に頭を悩まされてました。

 
 知り合いができてくると、休みが合う時に車を出してもらえたりはしましたが、不便なことは変わりなかったです。

 理想を言えば、3食付きだと安心ですね。

 
 また、繁盛期の7-9月頃はリゾバスタッフの数も増えるので、個室と紹介されていても同室になる可能性もあるようです。同室だと周りと打ち解けるのも断然早いし、短期なら毎日ワイワイも楽しそうでしたが、気になる場合はしつこく確認しておきましょう。

リゾートバイトでの休日

 ダイビングのライセンスを取ったばかりだったので、滞在中に5回くらい潜りに行きました。
 最初はタンクのエアのヘリが激しかったり、上手く沈めなかったりでしたが、短期間に何度も潜ったので後半にはマシになりました。

 お金のかかる趣味なので、働いてたホテルスタッフで割引使えたのも有りがたかったです。

IMG_7221

 同じ時期にリゾバを始めたスタッフと研修という名のホテル施設体験があり、かなり仲良くなってたので、休みが合うと一緒に観光に行ったり、飲みに行ったり、BBQしたりしました。
 ガイドブックに載ってる場所を全てまわる時間的余裕があるのが、リゾートバイトの良い所です。

 
 それ以外の日は、原チャを1日レンタルして観光したり、食べ歩いたりしました。サトウキビの中を原チャで走るのは感動的な経験です。

 
 滞在期間が2ヶ月と長すぎなかったので毎日妥協せずに精一杯でした。留学やワーホリ期間に比べてもリゾートバイトの記憶が濃いのは、1日も無駄にしないぞ!と張り切ってたからだと思います。

リゾートバイトで一番良かったこと

 宮古島の綺麗な海が特別青くてキラキラしている日や、満点の星がいつもより更に良く見える日に遭遇できるのが嬉しかったです。
 逆に、沖縄の激しい台風に遭遇して、それを貴重な体験だ、と有難れるのも、ただの旅行期間以上の日にちがあったお陰です。

IMG_7112

 あんまり楽しかったので、次は温泉旅館で温泉三昧したいなーと思ったんですが、結婚して叶わなくなってしまいました。若くて何でも出来るって素晴らしいですね。

ad