オーストラリアから発信【世界旅行記】

シドニー在住の旅行好き。日々の生活や、オーストラリア旅行情報、写真付きの旅行記。

HOME > シドニーでの生活 > 日本の運転免許証からオーストラリアNSWの免許証を取得する

日本の運転免許証からオーストラリアNSWの免許証を取得する

投稿日: 2013年10月14日
カテゴリー:シドニーでの生活

オーストラリアに住みつき丸5年。

今日、ようやく日本の免許証から、
NSWの運転免許証に書き換えしてきました!

長い道のりでした。

数年前に日本の免許証の有効期限が切れ、
昨年6月に帰国したときに苦労して更新。

外国の免許証から、永住権を持ってない人が
NSWの免許証に書き換えたい場合、
最低6ヶ月NSWに滞在してなければなりません。

一度出国するとカウントし直しです。

昨年の12月後半になれば書き換えられるはずだったんですが、

12月中旬、祖母が亡くなったため緊急帰国。

4月には予定していた日本への帰国があり、
6ヶ月充たせないまま再帰国。

先日10月10日にようやく6ヶ月経過し、

書類の不足があり3度RTAに足を運んだ後、

ようやく手に入れることが出来ました(゚∀゚)

今週末に、また日本へ出発するので、間一髪!でした。

2013年10月現在、日本の免許証から
NSWの運転免許証に書き換えるのに必要な書類は以下のとおりです。

・パスポート
・日本の運転免許証
・CRCが発行した免許証の翻訳(CRCのサイトはこちら
・現住所が証明できるもの
・身分証明(クレジットカード、学生証、メディケアカードなど)
・52ドル

その他、RTAで

IMG_1350

これに記入します。

失敗しやすいのは、「現住所が証明できるもの」に何を持っていくか、
というところで、公共料金の支払い、銀行、賃貸の契約書など、
かなり限られたものしか受け付けてくれません。

これは良いだろう、と思って持って行った、
賃貸契約時に支払ったボンドの詳細の手紙は受け付けてくれず、
1度目の訪問は失敗。

銀行の手紙は捨ててしまった後だったので、
賃貸の契約書をコピーして持って再挑戦したら

日本の免許は旧姓なのに、パスポートが結婚後の姓だったので、
名前変更を証明する書類が必要で、また出直しになりました。

3度目、名前変更を証明する書類に、
マリッジサティフィケート(コピー不可)を持って再々訪問。

非常に不健康そうな顔写真になりましたが、
ようやく免許を手に入れたのでした。

妙に時間がかかったからか、謎の達成感があります。

すぐに運転する予定はありませんが、
夢のペーパードライバー脱出できるよう頑張ります。

ad